浄化槽のしくみ
微生物ってどんなもの?

ボルティセラボルティセラ

オペルクラリアオペルクラリア

メタン菌メタン菌

アスピディスカアスピディスカ

フィロディナフィロディナ

パラメシウムパラメシウム

バクテリア等の微生物の働きにより、浄化槽内の汚物の分解は進みます。
これら微生物は、浄化槽の主役と言っても過言ではありません。
浄化槽は自然界の微生物の働きを利用して汚物を分解させています。
浄化槽を正常に作動させ続けるには、常に微生物が活発に活動している状態でなければなりません。
浄化槽内で繁殖し、活動する主な微生物として、ボルティセラ、オイコモナス、オペルクラリア、リオノータス、アスピディスカ、メタン菌、コルピディウム、パラメシウム、フィロディナ、エピィスティレス等が挙げられます。

嫌気ろ床接触ばっ気方式(合併処理)浄化槽の構造
浄化槽は水中の微生物の働きを利用して汚水を浄化するものです。
つまり、微生物が汚水の中の汚物を食べ、きれいな水にしてくれるのです。
微生物には、大きく分けて空気がないと弱ってしまう好気性のものと、空気を好まない嫌気性のものがいます。それらの微生物が力一杯働き、きれいな水が出せるよう、それぞれが働きやすい条件を整えてやることが大切です。
浄化槽イメージ

  ろ材
嫌気性の微生物が取り付いています。

ろ材に取り付いた嫌気性の微生物が、有機物の汚れを水と気体(二酸化炭素・メタン)にゆっくり分解してくれます。


  汚泥
浄化槽内に流入した汚水・汚物・トイレットペーパーは、沈殿分離され、浄化槽の底に溜まって汚泥となります。

  スカム
汚泥が自ら発生した気体を含んで軽くなり、水面に浮上したものをスカムと言います。

スカムは厚いスポンジ質の層を形成しており、空気に触れると硬くなっていきます。

  ブロワー
酸素を必要とする好気性微生物のために酸素を送っています。酸素を送る事によって、微生物が活発に活動してくれます。


  接触材
接触材に取り付いている好気性微生物が、有機物をさらに分解。汚水中の有機物をより分解し、二酸化炭素に変換させます。

有機物が減ると、微生物が消費する酸素も少なくなるので、自然の水域に放流されても、そこに棲息する微生物が繁殖しすぎることや、魚が酸欠で死ぬ事もなくなり、水域を清浄に保つことができます。


  消毒剤
消毒剤に触れさせで減菌消毒します。

消毒され、安全な水質になった水を川などへ放流します。

since 2012-02-20 / Copyright 2011 Shikoku Jokan. All Rights Reserved.    プライバシーポリシー
〒780-0084 高知市南御座19-31 TEL/088-884-1319 FAX/088-884-1324